• HOME
  • > 住宅性能のこだわり

住宅性能のこだわり

CONCEPT

住宅性能のこだわり
適温適湿できれいな空気を、省エネで。快適な住宅性能を実現する「ファース工法」適温適湿できれいな空気を、省エネで。快適な住宅性能を実現する「ファース工法」
私たちの想い

うずくぼの家にとって欠かせない、自然素材の大敵である湿気や極度の乾燥から守り、効最大限に効能を発揮し、長持ちさせるにはどうしたらいいか。

その方法を全国各地で探し出逢ったのが、北海道の道南、北斗市で開発・研究、全国各地の加盟工務店により、長年にわたって普及の実績がある「ファースの家」です。
「ファースの家」は「ファース工法」で建てられる家の総称ですから、規定のプランなどはなく、デザインや間取りを自由に決めることができます。

「ファース工法」で建てられた家は、断熱・気密・換気・冷暖房のバランスに優れ、夏は涼しく冬は暖かく、家の中がジメジメせず空気がさわやかで、断熱材や構造体(木材)が腐食しない、住まう人にとっても建物にとっても快適な「健康空間」を実現します。
天井裏や床下などに設置した専用部材と独自の空気循環システムによって、温度・湿度・空気の質を整え、全室そして壁の内部まで通って家全体に行き渡ります。
そのため構造体にも新鮮な空気が触れ、木材への腐食やカビを防ぐため、家が傷みにくく、長く住み続けることができるのです。

効率的なエネルギー利用で光熱費を削減

私たちの想い

断熱ボードとウレタン系現場発泡スプレー方式断熱材「エアクララ」による内外ダブル断熱で、高気密・高断熱を同時に発揮します。

その方法を全国各地で探し出逢ったのが、北海道の道南、北斗市で開発・研究、全国各地の加盟工務店により、長年にわたって普及の実績がある「ファースの家」です。
「ファースの家」は「ファース工法」で建てられる家の総称ですから、規定のプランなどはなく、デザインや間取りを自由に決めることができます。

“断熱”というと寒冷地以外には関係がないように思われますが、外気熱を遮蔽し室内の温度を上昇させないことは、温暖地にとっても非常に有効です。室内を快適温度にするまでに必要なエネルギー量が少ないうえ、逃さずキープするため、光熱費の削減が可能です。
さらに、「エアクララ」は屋根、外壁、基礎と連結し、地震・台風などの耐震性・耐久性に優れ、標準的な「ファース工法」の仕様で長期優良住宅の認定取得も可能です。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)住宅の促進

ZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称で「ゼッチ」と読みます。
経済産業省や環境省、国土交通省が共通に掲げる政策で、2020年までに標準的な新築住宅が満たすべき指針です。

住宅の断熱・気密性能を基準値以上とし、太陽光発電などでの自家発電装置を搭載し、HEMS(ヘムス)などで家庭内のエネルギー機器や家電をネットワーク化し、エネルギー使用量を見える化・制御することによって、住宅内において使用する一次エネルギー消費量(空調・給湯・照明・換気)を正味(ネット)ゼロ以下にすることが目的です。

うずくぼ工房は一般社団法人 環境共創イニシアチブ が認定するZEHビルダーの登録事業者です。新築注文住宅と既築改修のZEHに対応できます。
本格的に開始するのは2020年からですが、それより前に建てる予定のある方も、これからの時代の風潮や資産価値を考えると対応することが必須です。

  • うずくぼ工房 Facebook
  • うずくぼ工房スタッフブログ